職種を選び求人情報を探すことについて

職種を選び求人情報を探すことについて

息子が保育園に入園することができるようになったことがきっかけで、今まで自宅でしていた内職の仕事をやめ、5年振りにアルバイトやパートタイマーの仕事に従事することを考えた私は、少しでも早く自分が求める働き先と巡り会うことができるように、求人情報誌を日々閲覧したり就職紹介所に足を運んだりするなど、積極的に就職活動を行なっていました。息子が保育園に入園することができたため、積極的に就職活動をすることによって、すぐに仕事先を見つけることができると思っていましたが、息子が2歳という年齢になったばかりだったため、息子が病気になったときのことを指摘されることによって、採用に結びつく結果を得ることができない状態でした。

接客業の仕事は必要最低限の人数で仕事をしていることが非常に多く、突発的な休みを少しでも回避することができるようにしていることを就職活動を通じ知ることができたため、比較的職場の理解が得やすい製造業の職種の仕事を中心に求人情報を探し出すことにしました。実母など自宅の近くに協力者という存在がいれば、職種問わずスムーズに働き先を見つけることができそうな気がしますが、協力者がいなければ幼い子供がいることにより採用に結びつく可能性が低くなるため、職種を選び求人情報を探す必要があると身を持って経験することになりました。

お役立ち情報

Copyright 2017 職種を選び求人情報を探すことについて All Rights Reserved.